自由診療でペット保険が必要

スポンサードリンク

自由診療なのでペット保険がどうしても必要な理由

なぜペット保険が必要なのか?ちゃんと理解しないままなんとなく契約している人が少なくないようです。
ペット保険は、人間のように国民保険のような公的保険がないために、病気や怪我になった時には
すべて自費の自由診療になります。

 

人間でもそうですが、自由診療イコール高額ですよね。
ペット保険は、ペットを大事に思う同じ思いの飼い主さんたちがお金を出し合って、ペットがもしもの時
のための医療費をプールしておくというシステムなのです。

 

ペットがとても小さいうちから信頼出来るペット保険を契約しておくと、ペットが成長して高齢に
なった時にもとてもリーズナブルな費用で医療を受けることが出来ます。

 

「ペットが歳をとってからでいいや」とか、「うちのペットは元気だから病気になるわけがない」など
といって保険を無視していると、高齢のペットが大きな病気にかかった時に大変後悔すること
になる場合があります。

 

いざその時になってなんとか無理やりペット保険に入ろうとする人がいますが、ペットが小さいうちから
コツコツ備えていた人の蓄えを横取りするようなことは出来ません。
もしペット保険に入らないなら、ペットが生涯を終えるまできちんとすべて面倒がみられるだけの貯金を、
自分でしておく必要があります。

 

また、自由診療ということは動物病院が独自に料金を決めることが出来るということです。
住居の近くにある動物病院が一番ではありますが、一度比較してみることも必要かもしれません。

スポンサードリンク

自由診療なのでペット保険がどうしても必要な理由関連ページ

通 院
ペットが高齢になってくると通院する場合も増えてきます、そんな時に通院保障があるペット保険があると助かりますよね。
鳥のペット保険
ペット保険はほとんどの取り扱いは犬や猫になりますが、中には小動物の鳥など取り扱っているペット保険会社もあります。
コールセンター
ペット保険でコールセンターを利用する場合には現状では営業時間などを確認して利用することをおすすします。土日祝日の問い合わせも制約がある保険会社も多いです。
手術相場
ペット保険でペットの手術のときいったいどれ位の手術費用がかかるのか心配になってしまいますよね。しかし動物病院によっても相場が変わってきます。
ペットの高齢化
ペット保険は、ペットが高齢化しつつある現代ではかなり重要です。 手術が必要な病気やがんなどの治療の場合、年間でかかる費用は10万円から50万円もするというデータもあります。
年齢無制限
ペット保険で年齢無制限のものは継続契約であれば少なくありません。 ただし、継続での終身契約はあっても、新規で加入出来る年齢を過ぎていればそもそも加入する手段はありませんので注意が必要です。
補償対象外
ペット保険の補償対象外項目は、保険商品ごとに細かく異なりますので各社へ確認する必要があります。 一般的には健康体に対する処置は対象外で、ワクチン接種や健康診断、去勢手術や避妊手術などは対象外です。
サポートサービス
ペット保険には、補償以外のサポートサービスが用意されているものもあります。 ペットのしつけや健康に関する相談、迷子捜索、関連施設への優待など、魅力的なサポートで比較しても良いでしょう。
終身保障を加入
ペット保険の終身保障は、契約可能年齢を満たし、更新可能年齢の設定の無い保険会社と契約する必要があります。 ただし、終身保障でも契約前にすでに発症していた病気やケガは補償はされません。
契約書類
ペット保険を契約する場合、必要な書類はおおむね申込書と告知書です。 ただ、場合によっては健康診断書、血統書、ワクチン証明書類を提出するよう求められる場合もあります。
保険の資料請求
ペット保険で加入する場合は先ずは、オンラインで無料の資料請求が出来て大変便利です。一括資料請求なら一度の情報を入力することで何社もの資料請求が可能です。
終身保険
ペット保険の終身保険の強い要望も増えてきており大手保険会社もペット保険の終身継続を検討してきています。
病気でも入れる
病気中でも入れる可能性があるペット保険も無くはありません。 ただし、すべては審査次第なので断言は出来ません。 入れる場合でも治療中の病気は対象外として「特定傷病除外特約」になるのが一般的です。
うさぎの加入
うさぎが加入出来るペット保険でよく知られているのは、「アニコム損保」「日本アニマルクラブ」「ペットライフジャパン」です。 「どうぶつ健康保険証」に対応しているのはアニコム損保です。