au損保のペット保険のメリット

スポンサードリンク

ペット保険でau損保のメリット

au損保ペット保険について、特徴とメリットをまとめます。
まずポイントは4つあり、入院や手術といった治療費が高くなりやすい
内容にチカラを入れていること、保険金の支払いの割合や限度額に
よってコースを分けていること、獣医が24時間365日無料電話相談
受けていること、継続更新すればペットの一生を保障してもらえることが特徴です。

 

例えば、入院や手術などは1回で100万円くらいの費用がかかってしまう
ケースもあり、とても準備無しでは用意出来ない金額です。

 

au損保では通院による治療費を補償対象外とすることで、
入院と手術に保障を重く置いています。
これをメリットと受け取るかデメリットと受け取るかは判断でしょう。
手術であれば例え日帰りでも保障されます。

 

支払いの割合や限度額で2つのコースがあり、年間支払い限度額
70万円のコース70と50万円のコース50とがあります。

 

コース70は保険の割合も70%なので、本人は30%負担で済みます。
コース50は保険と本人とで50%ずつの負担です。
数字を合わせてあるので、覚えやすいですね。
限度は年間に対してだけなので、回数は無制限、1回あたりの
限度額もありません。

 

獣医がいつでも応対してくれるサービスは最近徐々に増えていますが、
24時間年中無休は心強いですね。

 

通話料は自分の負担ですが、利用料は無料です。
新規の申し込みは生後30日から10歳までですが、そこからの継続契約
なら年齢がいくつになっても生涯更新可能なのも嬉しい内容です。

スポンサードリンク

au損保のペット保険の特徴とメリットとは関連ページ

代理店
ペット保険の代理店など取扱店を始めたい方の情報ナビです。個人で起業したい方はどのような資格や条件などか解説しています。
生協で加入
ペット保険を生協で加入した場合はアニコム損保のペット保険どうぶつ健保ふぁみりぃを一般で加入するよりは安い保険料で加入できます。
プリズムコール
ペット保険でプリズムコールが人気を集めています。日本アニマル倶楽部の会社が扱っている保険商品です。人気の理由は保障割合が100%となる保険です。
ペット保険ソニー損保
ペット保険はソニー損保が注目を集めています。シェアーはNo1でユニークなペットの健康保険証があります。
アクサダイレクト
ペット保険の人気度ではアクサダイレクトが支持されています。病気やケガの治療費を補償する範囲も広く、支払い回数や一回の金額に制限がありません。
日本ペット共済
日本ペット共済は一般社団法人なので非営利組織であり、基本料を抑える工夫をしています。 入院や通院の回数に制限はなく、継続していれば終身で契約を続けることが出来ます。
補償内容
ペット保険の保障・補償内容は保険会社によって異なりますが、中心となる項目はケガで入院した場合や通院した場合、病気で入院した場合や通院した場合、賠償責任が発生した場合などです。
ドコモ
2015年3月に、ドコモとアイペット損保とが契約し、「ドコモのペット保険」が利用開始となりました。 トータルの補償と、高額になることが多い手術費用のみの補償と2つから選ぶようになっています。
楽天に加入
楽天では国内最大級のペット保険の取り扱いがあり、オンラインで手軽に加入出来るのでオススメです。 キャンペーンも充実していますし、迷った時にはメールや電話で専門オペレーターに質問することも。